サイトマップ お問い合わせ バーチャルインテリア
物件のお問合せ 03-5958-1500

ホーム > マンション選びのポイント > マンション選びのポイント > 予算面でのポイント

マンション選びのポイント
新築分譲マンション最新情報
マンション用地中古物件募集

新築分譲マンション

東建不動産株式会社
〒170-0013
東京都豊島区東池袋5-7-3
TEL:03-5958-1500(代表)
FAX:03-5958-1570

予算面でのポイント

まず、「予算」は、マンションを購入するにあたって、 もっとも重要なポイントと言っても過言ではないでしょう。

手持資金はどのくらいあるのか、借入れ可能額はいくらか。 入居後のローン返済金額・管理費・修繕積立金・駐車場使用料などを計算し、どこまでお金が出せるか、 購入後の月々のローン等の支払可能額を考慮のうえ見通しを立てます。

なお、売買価格以外に、1.登記費用 2.ローン保証料等 3.初回支払管理費等 4.引越費用 5.不動産取得税 6.固定資産税 7.都市計画税 8.事務手数料等が必要となりますので注意が必要です。

住宅ローンの返済可能額を確認する

住宅ローンを借りるときには、『いくらまでなら無理なく返せるか』を基本におくことが重要です。

一般に税込み年収に占める住宅ローンの年間返済額は、年収の25%〜30%位におさめるとよいといわれています。 仮に税込み年収が400万円の場合は、年間返済額は100〜120万円以内が妥当といえるでしょう。

しかし、これはあくまでも目安です。

自分たちに合った無理のない返済額を算出する際には、 住宅を取得することで「不要になる支出」と「新たに発生する支出」を整理することからスタートさせましょう。

たとえば、いま賃貸住宅を利用している場合は、マンション取得により月々の家賃が不要になります。 また、頭金等準備資金として定期的に行っていた預貯金もとりあえず不要となります。 反面、住宅を取得することで、固定資産税などがかかったり、マンションでは管理費や修繕積立金など必要となります。

これらのプラス・マイナスをチェックして、返済可能額を計算してみましょう。 以下の表は毎月返済額から逆算した住宅ローンの借入限度額です。

下の表に用意できる頭金をプラスした金額が、現状で「買える家の値段」の目安となります。

ローン返済額目安早見表
毎月 2.50%(金利) 3.00%(金利)
返済額 25年返済 30年返済 35年返済 25年返済 30年返済 35年返済
5万円 1,114 1,265 1,398 1,054 1,185 1,299
6万円 1,337 1,518 1,678 1,265 1,423 1,559
7万円 1,560 1,771 1,958 1,476 1,660 1,818
8万円 1,783 2,024 2,237 1,687 1,897 2,078
9万円 2,006 2,277 2,517 1,897 2,134 2,338
10万円 2,229 2,530 2,797 2,108 2,371 2,598
11万円 2,452 2,783 3,077 2,319 2,609 2,858
12万円 2,674 3,037 3,356 2,530 2,846 3,118
13万円 2,897 3,290 3,636 2,741 3,083 3,377
14万円 3,120 3,543 3,916 2,952 3,320 3,637
15万円 3,343 3,796 4,195 3,163 3,557 3,897
単位(万円)

-各エリアの新築分譲マンション-

群馬の新築分譲マンション茨城の新築分譲マンション埼玉の新築分譲マンション東京の新築分譲マンション